BLOG

法人税のはなし

製造間接費を配賦しないことは、どの規模まで認められるのか?

2023年1月30日
法人税のはなし 税務調査のはなし
自己が製造した棚卸資産の取得価額 自己が製造した棚卸資産の取得価額については、法人税法施行令32条1項2号で下記の通り定められています。 (棚卸資産の取得価額) 第三十二条 第二十八条第一項(棚卸資産の評価の方法)又は第二十八条の二第...
続きを見る

賃上げ促進税制って異常に難しくないですか?

2023年1月17日
法人税のはなし
どの用語も似通って見えます 現在、賃上げ促進税制と格闘しています。 決算対応で税金計算を行う必要があるためです。 関連する書籍や税務の読み物、経済産業省が公表しているガイドブックなどを駆使しているのですが、この制度、仕組み自体...
続きを見る

地方税も意識すると手続きが大変

2022年12月2日
法人税のはなし
税制改正ものは主に国税についての話 連結納税とグループ通算制度関係の申告・申請・届出の手続きを調べて、整理しています。 これまでは、申告書のチェック(調査官として、税理士として)などをする機会はあったのですが、自分で提出作業までを一...
続きを見る

条文を確認しないと怖くなった

2022年11月21日
お仕事のはなし 法人税のはなし
瞬間最大風速 最近、少し忙しくなってしまい、ブログの更新が疎かになっていました。 税理士という仕事って、新規のお客様をお受けした際などは、過去のお客様に関する情報の積み重ねがまったくないので、瞬間最大風速がMAXになってしまいます。...
続きを見る

グループ通算制度でみなし事業年度の取り扱いが簡素化されていました

2022年11月7日
法人税のはなし
まだ、連結納税制度の適用はある グループ通算制度は、下記の通り「令和4年4月1日以後最初に開始する事業年度」から適用されます。 よって、3月決算法人であれば、今期から適用が始まっていますが、12月決算(在外子会社が多い法人)や2...
続きを見る

賞与の会計処理と税務上の取り扱い

2022年10月25日
会計のはなし 法人税のはなし 税務調査のはなし
課題調査でよくある指摘事項 監査法人に在籍していた頃は、通常の会計監査に加えて、IPO支援も行っている部門に所属していました。 IPOを目指す会社はまずは、課題調査といって、上場企業となるにあたって対応が必要な事項を洗い出す作業をし...
続きを見る

「法人税、住民税及び事業税等に関する会計基準(案)」が大変そうです

2022年10月19日
会計のはなし 法人税のはなし
監査法人主催のスポット研修に出席して気づきました 私が以前所属していた監査法人は、監査クライアントなどの外部の方向けに、会計や税務に関する改正事項などを説明する研修(スポット研修)を提供しており、トーマツOBも視聴することができます。 ...
続きを見る

「資産調整勘定等対応金額」が後になって火を噴きそうで心配です

2022年10月18日
法人税のはなし
買収プレミアムが飛ぶ問題 連結納税制度(グループ通算制度)を適用している場合で、連結納税グループから子会社が離脱すると、投資簿価修正という制度が適用されます。 投資簿価修正をざっと説明をすると、連結納税グループに加入していた法人が連...
続きを見る

グループ通算制度のお勉強

2022年10月17日
会計のはなし 法人税のはなし
グループ通算制度がいつの間にか始まっていた 最近、お仕事の関係で、連結納税制度について調べる機会があったので、気づいたのですが、いつの間にかグループ通算制度が始まっていました。 1~2年前くらいにM&Aの場面での税務面の検討...
続きを見る

なぜ法人税法は最終仕入原価法が法定評価方法なのか?

2022年10月13日
法人税のはなし 税務調査のはなし
税会不一致 税務署で中小企業の税務調査を経験してから、監査法人で上場企業や上場準備会社の会計監査を経験したのですが、期末棚卸資産の評価の在り方が大きく違うけれども、 「税務上の届出などちゃんとされているのかなぁ?」 という素朴...
続きを見る
タイトルとURLをコピーしました