BLOG

所得税のはなし

日米租税条約における双方居住者の取り扱い

2022年4月20日
所得税のはなし
個人が双方居住者に該当する場合の取り扱い お仕事の関係で日米租税条約を改めてつぶさに調べる機会があり、おそらく実務ではまったく役に立たないと思われるのですが、リサーチ内容を記録しておこうと思います。 日米租税条約第4条(居住者)1 調...
続きを見る

システマチックになっていくのは嬉しいけれど

2022年4月18日
消費税のはなし 所得税のはなし
システムがやってくれるって便利ですね e-taxがどんどん進化しており、給与所得者の確定申告などは、源泉徴収票の情報を入力する(または読み取らせる)だけで、ほぼ完成させることができるなど、目覚ましい進化を遂げています。 日々の記帳業...
続きを見る

アーンアウト条項は税務上どのような取扱いになるのか

2020年6月30日
所得税のはなし 税務調査のはなし
アーンアウトの所得区分 税務通信3591号(2020年02月03日)で、アーンアウトの所得区分について、下記の様な解説がされていました。 M&Aで株式を譲渡する場合に,いわゆる“アーンアウト条項”が付された株式譲渡契約を締結することも多...
続きを見る
タイトルとURLをコピーしました