BLOG

会計のはなし

決算書をキャッシュフローで読む

2022年9月5日
会計のはなし
上場を目指す理由 有限責任監査法人トーマツに在籍していたころは、トータルサービス事業部という、上場企業の会計監査をしつつ、上場を目指している会社に対する会計監査やIPO支援を行っている部署に所属していました。 (今は、監査事業部に吸収さ...
続きを見る

備忘価額が法務にも影響する場面があるそうです

2022年8月18日
会計のはなし
「備忘価額」が研究のテーマ お盆シーズンということもあり、お仕事が落ち着きモードですので、ここぞとばかりにCPEの単位取得に励んでいます。 CPEのeラーニングが結構充実しておりまして、会計に関するものから哲学的なもので、幅広く学ぶ...
続きを見る

「短期借入金」と「一年内返済予定の長期借入金」

2022年7月8日
会計のはなし
久々に見た表示誤り 上場企業などの会計監査を受ける会社の場合、勘定科目が正しく表示されているかという観点からのチェックも受けます。 税効果会計の改正前の、繰延税金資産の流動固定分類(改正後は全部固定に計上)など、あるあるの表示誤りは...
続きを見る

一括償却資産は意外とやっかい

2022年7月6日
会計のはなし 法人税のはなし
一括償却資産とは 取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産について、減価償却資産の取得価額の合計額の3分の1に相当する金額を、その業務の用に供した年以後3年間の各年分において損金算入することができる制度のことをいいます(法人税法施...
続きを見る

支配関係の判定がややこしい

2022年6月23日
会計のはなし 法人税のはなし
判定方法がたくさんあります 連結納税制度や適格合併など、さまざまな制度で支配関係の判定が必要になりますが、いろいろなご質問をお受けしていて、カオスだなぁと、最近思いました。 いっちょ整理してみるかとリサーチに着手したのですが、判定に...
続きを見る

原価販管問題

2022年4月28日
会計のはなし 会計監査のはなし 法人税のはなし
売上原価と販管費の区分 私が監査法人でIPO支援をしていた頃に、よく出会った論点として、原価販管問題があります。 売上原価と販管費のいずれに区分すべきかという論点です。 論点としてはシンプルなのですが、実際に区分してみようとな...
続きを見る

「未払費用・未払金」「前払費用・前払金」問題

2022年4月26日
会計のはなし 会計監査のはなし
会計監査では、勘定科目もチェックしています 流動から固定、固定から流動といった風に区分を跨ぐ場合は、流動性比率などに影響しますので、しっかりと是正した方がいいように思うのですが、流動資産・負債内での勘定科目の違いなのに、意外と会計士が食い...
続きを見る

信託方式の有償ストックオプションの会計処理

2022年4月22日
会計のはなし
「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い」(実務対応報告第36号)が、平成30年に導入されましたが、それ以降に新たなスキームとして、信託方式の有償ストックオプションなるものが考え出されました。 詳細...
続きを見る

SPACと会計処理

2021年5月3日
会計のはなし 会計監査のはなし
最近、SPAC(特別買収目的会社。Special Purpose Acquisition Company)についての情報を見聞きすることが増えました。 SPACとは端的にいうと、米国で流行っている取引で、まず空箱会社を上場させて、この...
続きを見る

国税職員としての質問対応との違い

2021年5月1日
会計のはなし 法人税のはなし
質問対応の違い 国税組織を出てから、いろいろなことに気付かされますが、その中でもよく感じることが、国税職員としての質問対応と専門家(会計士・税理士)としての質問対応の違いです。 国税職員としての質問対応は、結論(課税されるか否か...
続きを見る
タイトルとURLをコピーしました