BLOG

更新日:

会計監査のはなし

役員給与の不相当に高額な金額(形式基準)

2022年7月14日
会計監査のはなし 法人税のはなし
まずは法律 法人税法34条2項で、役員給与のうち「不相当に高額な部分の金額」は、損金の額に算入しないとされています。 (役員給与の損金不算入) 内国法人がその役員に対して支給する給与の額のうち不相当に高額な部分の金額として政令で定める...
続きを見る

株式会社ダイイチの第三者委員会の調査報告書を読んで

2022年7月1日
会計監査のはなし
調査報告書の主な内容 株式会社ダイイチ(北海道を拠点として、スーパーを運営)において、第三者委員会が設置され、2022年6月24日付で調査報告書が公表されています。 委員会設置の経緯は、札幌国税局の税務調査とのことで、利益調...
続きを見る

税務調査を担当すると若いうちから判断する機会が与えられる

2022年6月20日
お仕事のはなし 会計監査のはなし 税務調査のはなし
まずは小さな意思決定から 20代前半の頃から国税調査官として、中小企業の税務調査を担当していました。 国税組織全体としてみると、非常に小さなことだとは思うのですが、自分でその場で意思決定する裁量がある程度あったので、自分で判断をする...
続きを見る

原価販管問題

2022年4月28日
会計のはなし 会計監査のはなし 法人税のはなし
売上原価と販管費の区分 私が監査法人でIPO支援をしていた頃に、よく出会った論点として、原価販管問題があります。 売上原価と販管費のいずれに区分すべきかという論点です。 論点としてはシンプルなのですが、実際に区分してみようとな...
続きを見る

「未払費用・未払金」「前払費用・前払金」問題

2022年4月26日
会計のはなし 会計監査のはなし
会計監査では、勘定科目もチェックしています 流動から固定、固定から流動といった風に区分を跨ぐ場合は、流動性比率などに影響しますので、しっかりと是正した方がいいように思うのですが、流動資産・負債内での勘定科目の違いなのに、意外と会計士が食い...
続きを見る

税務署の職員上がりに会計監査は無理?

2022年3月8日
会計監査のはなし 税務調査のはなし
週刊エコノミストの記事 毎年このくらいの時期になると、週刊エコノミストさんが税理士や会計士をネタにした号を発刊します。 内容は毎年だいたい似通っているように感じているのですが、実際に業界にいる税理士や会計士のコメントが載っていたりし...
続きを見る

SPACと会計処理

2021年5月3日
会計のはなし 会計監査のはなし
最近、SPAC(特別買収目的会社。Special Purpose Acquisition Company)についての情報を見聞きすることが増えました。 SPACとは端的にいうと、米国で流行っている取引で、まず空箱会社を上場させて、この...
続きを見る

IPO準備企業と税込経理

2021年2月9日
会計のはなし 会計監査のはなし
ご存じのとおり、消費税の経理処理には税抜き経理と税込み経理があります。 消費税の免税事業者(消費税の納税義務がない事業者)である場合には税込み経理を、課税事業者(消費税の納税義務がある事業者)である場合には税抜き経理を選ぶのが一般的だ...
続きを見る

株式新規上場(IPO)のための事前準備ガイドブック~会計監査を受ける前に準備しておきたいポイント~

2021年1月11日
会計監査のはなし
「株式新規上場(IPO)のための事前準備ガイドブック」 日本公認会計士協会から「株式新規上場(IPO)のための事前準備ガイドブック~会計監査を受ける前に準備しておきたいポイント~」が公表されていますが、金融庁「株式新規上場(IPO)に係る...
続きを見る

3年前の取引について正確に覚えていますか?

2020年11月15日
会計監査のはなし 税務調査のはなし
税務調査のヒアリング 国税調査官として税務調査を、会計監査人として会計監査を経験して、両者のヒアリングのやり方の違いを知り、税務調査のヒアリングをもう少し効率的・効果的にできないものかと思っています。 税務署が行う中小企業の税務調査...
続きを見る
タイトルとURLをコピーしました