コラム

3年前の取引について正確に覚えていますか?

会計監査のはなし

税務調査のヒアリング

国税調査官として税務調査を、会計監査人として会計監査を経験して、両者のヒアリングのやり方の違いを知り、税務調査のヒアリングをもう少し効率的・効果的にできないものかと思っている。

税務署が行う中小企業の税務調査では、事前に準備をしておいて欲しい資料を調査先に伝えるということはしていない。

事前に伝えることで証拠の隠ぺいや口裏合わせをされる可能性があるからである。
また、ヒアリングに際しても同様に事前にヒアリングしたい事項などを伝えることはしていない。

国税局が行う調査(調査部調査を想定)の場合、調査開始前に顔合わせを兼ねた事前打ち合わせを行い、その際に事前に準備をしておいて欲しい資料の一覧の交付を行い、資料の準備をしてもらっている。

調査開始とともに、
「請求書が見たいんですが」
などといったところで、税務調査の対象となる数年前の資料などは外部倉庫にあり、調査先が対応できるわけがないからである。

ただし、規模の大きな法人に対する税務調査であっても、ヒアリングを行う際は、ヒアリングの対象部署は特定したとしても、事前にヒアリングしたい内容を詳細に伝えることはしていない。

いつも思うのだが、数年前の取引について、当時の書面などを見ることなく記憶だけを頼りにして、質問に対して正確に回答できる人間などいるのだろうか?

小規模な会社であれば、顧問税理士などが適切にフォローしてくださることが多いので、このようなやり方でもなんとかヒアリングが成り立つが、大規模法人に対する調査で同じようなやり方をしていても成り立たないと思っている。

サンプルでもいいのでヒアリングしたい特定の取引を事前に伝えてくれれば、事前に当時の稟議書を見返したり、関連するメールを見返すことができ、調査官がヒアリングで回答を求めるような細かな内容についても詳細に回答ができ、より効果的なヒアリングとなるのではないかと思う。

調査部調査のように調査先がある程度の規模になり、調査立ち合いの経理部員などが信頼できるような人物なのであれば、このような対応をしても証拠の隠ぺいや口裏合わせのリスクはそこまで高くないのではないかと思う。

そもそも従業員という立場で税務調査対応を行っている人が、危険を冒してまで不正に加担するというリスクを冒すのか?という疑問もある。

会計監査のヒアリング

会計監査では、ヒアリングを行う目的やヒアリングの対象となる取引をを事前に伝えるなどして、ヒアリングが効果的に進むようにしていた。

税務調査のようなやり方でヒアリングをしたところで、
「そんなこといきなり聞かれてもいちいち覚えていないですよ。」
とキレられるのがオチで、お互いの時間を無駄にしてしまうこととなってしまうからである。

現在は税務調査をする側でもなく、会計監査をする側でもなく、ヒアリングを受ける側に同席する側となったが、調査官からヒアリングの依頼を受けた際は、必ず、対象者とヒアリングの主な目的、特定の取引についてヒアリングをしたいのであれば、サンプルでもいいのでヒアリングしたい取引を事前に伝えるように依頼をしている。

当然最初は、難しいという反応をされるのであるが、数年前の取引をいきなり聞かれても覚えているわけがなく、時間が無駄になるので、サンプルでいいから取引を特定してくれといった風にその理由を伝えると、非常にざっくりとした質問一覧ではあるが、事前に連絡をしてくれる調査官も出てきた。

人の記憶はアテになるのか?

国税在籍時に読んだ検察OBの講演録に
「被疑者に対して質問をするときは、事件当日の天気から質問をはじめる。そして、事件当日の天気を調べ、回答内容と相違していないか確認する。雨だった場合など記憶に正確に残っているものだ。」
といったことが書いてあり、なるほど、そうやってヒアリングをするものなのかと思い、さすがに天気を聞くことまではしていなかったが、記憶ベースでもいいので回答をお願いしますといって税務調査ではヒアリングをしていた。

税務調査を経験して数年経つと、普通は気づくのではないかと思っているのだが、人の記憶ほど当てにならないものはないと思う。

最近、自身の子供の頃の記憶などでも実感したのだが、無意識に自己の都合のいいように事実とは無関係に過去が記憶されていた。

そして誰かにそれを指摘されるまで気づけなかった。

真面目な納税者ほど、その場で回答できないとまずいと考えるからか、記憶ベースで回答しがちで、その結果、回答内容と当時の稟議書など書面に記載されている内容とに、齟齬が生じてしまい、なぜ嘘をついたんですかと、問い詰められてしまっているように思う。

意図的に嘘をついたのであれば、問い詰められてもしょうがないと思うが、だいたいの場合は些細な違いであり、単に記憶違いしていただけなんじゃないですか?ということがほとんどなのではないかと思っている。

このような事態は、問い詰められる回答者にとって、とてもストレスを感じさせることであり、調査官にとっても、本来時間をかけるべきではないことに、余計な時間をかけてしまっているように思われ、これを解消することは両者にとってメリットがあるのではないかと思っている。

タイトルとURLをコピーしました