コラム

更新日:

国税職員が言う「出張」

税務調査のはなし

税務署や国税局の担当者宛に電話をした際に、電話の応対者から「その職員は、本日、出張に出ています」と言われることがあると思うが、この「出張」は世間一般にイメージする「出張」とは意味が違う。

「出張」という言葉を聞くと、新幹線や飛行機を使って遠方へ行っている状況を普通はイメージすると思うが、国税職員が言う「出張」とは、「管轄内の納税者への税務調査等に出ており、署内にはいない(夕方には帰署できる距離にいる)」ということを意味している。

ちなみに新幹線や飛行機を使って遠方へ行く出張は「管外出張(管轄外への出張という意味)」という言葉を使っている(おそらく外部の方にこの言葉を遣うことはないので、そういった意味では遠方へ行っている際にも「出張」という言葉を遣っていることとなり、この場合は、一般的なイメージと合致する。)。

国税に在籍していた頃、実家に帰省した際に、両親に「毎日出張に行っている」と言った時のリアクションが予想以上に大きかったことが忘れられない。
(「毎日出張?どこ行くの?」という怪訝そうな表情で「大変な仕事なのねぇ~、、、」と言っていた。)。

この出来事で「出張」という言葉の意味のズレに気付いたが、なぜ「出張」という表現をするようになったのか解明に至らぬまま、国税の職場を去ってしまった。

今となっては、この謎に対する解を見つけることは難しそうである。

国税職員から「出張に出ています」と言われても、大丈夫。夕方には戻っています。

タイトルとURLをコピーしました