コラム

更新日:

やらないことの理由

会計のはなし

先日、とある上場企業の社長とお話をする機会があった。

その際に、「役所には、何かルールを作って、それを職員に守らせるための決まり文句として『それをやらないことに理由はあるの?』というものがあるんです」と言ったところ、

「それって、役所の考え方だよね」と言われ、はっとした。

個人的にはこの決まり文句に納得しており、実際にそのように上司や先輩から言われた時、そのルールが設定された背景や仮にそれを守らなかった場合のデメリット等はあまり考えずにルールに従っていた。

その後、しばらく考え、ビジネスパーソンとして考え実行すべきことは、それを行うことによって得られるメリットであって、それをしないことによるデメリットを考え、ただそのデメリットを回避するためだけに、メリットとは無関係にそれを実行することではないと思い至った(当然、法律はメリット・デメリットとは無関係に順守すべきである)。

役所を離れて10年近くたっても、まだ役所の体質が抜けていないということに驚いた。

タイトルとURLをコピーしました