BLOG

更新日:

契約書と覚書を同じドッチファイルやクリアファイルで管理している場合の印紙税

2022年9月14日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
一の文書の意義 印紙税は、課税文書1通又は1冊ごとに課税されるため、「一の文書」をどのように取り扱うのかによって、印紙税の課税額の総額が変わってきます。 「一の文書」とはなんぞやと思われるかもしれませんが、国税庁のHPによると「1通...
続きを見る

外部倉庫に保管している契約書は印紙税調査の対象外?

2022年9月13日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
印紙税の税務調査 税務署が行う印紙税の単独調査の対象となる法人は、税務署の管轄内に本店登記がある法人で、資本金が50億円未満の法人です(50億円以上の法人は国税局の諸税調査部門が担当)。 業種によりけりではあるものの、おおむね単体の...
続きを見る

印紙税の過怠税は、原則通り3倍で課税されているのか?

2022年9月12日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
過怠税 印紙を適切に貼付していなかったり、所定の方法により消さなかった場合(印紙に割り印を押さなかった場合)は、下記の通り、過怠税が課されることとなっています。 印紙税の過怠税について、ネットでいろいろな情報が飛び交っており、中...
続きを見る

印紙税を間違って貼ってしまった場合に還付を受ける方法

2022年9月9日
印紙税のはなし
印紙税を間違って貼ってしまった場合 印紙税を貼付する必要がない文書に誤って印紙を貼り付けてしまったときや、印紙税額を誤ってしまった場合は、印紙税過誤納確認申請書を提出することで印紙税の還付を受けることができます。 手続き関係は下記で...
続きを見る

通帳にも実は印紙税がかかっています

2022年9月8日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
通帳にも実は印紙税がかかっています 最近はだんだんと利用が減ってきているのではないかと思うのですが、紙の通帳は18号文書に該当します。 通帳を作成した日から、一年を経過した日以後、最初の付け込みをした時に、新たにそれらの通帳が作...
続きを見る

書式表示でも印紙税の申告漏れが生じえます

2022年9月6日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
書式表示による納付の特例 毎月多量に領収書などを作成する場合は、書式表示といって、あらかじめ承認を受けた書式の書面に下記の表示をすることで、書面に印紙税を貼付することはせず、申告納付の方法による納税が認められています。 承認申請...
続きを見る

決算書をキャッシュフローで読む

2022年9月5日
会計のはなし
上場を目指す理由 有限責任監査法人トーマツに在籍していたころは、トータルサービス事業部という、上場企業の会計監査をしつつ、上場を目指している会社に対する会計監査やIPO支援を行っている部署に所属していました。 (今は、監査事業部に吸収さ...
続きを見る

印紙税の税務調査で多額の非違が認められる項目(ローン完済通知)と、いろいろな納税の仕方

2022年9月2日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
1号文書と2号文書の特例 印紙税額の判定における記載金額は、基本的にはその契約書に記載されている金額とされていますが、1号文書と2号文書には特例があり、記号番号などで紐づけることができる書面があり、その書面に金額の記載がある場合は、その金...
続きを見る

印紙税を節約するための正しい領収書の分割の仕方

2022年9月1日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
領収書に貼付する印紙税額 売上代金に係る金銭の受取書(領収書)は、17号の1文書に該当するため、印紙税が必要です。 コンビニで公共料金の支払いをした場合や銀行手続きなど、普段の生活で目にすることがたまにあるので、皆さんご存じではない...
続きを見る

印紙税の記載金額(契約金額)の考え方

2022年8月31日
印紙税のはなし 税務調査のはなし
記載金額 印紙税の金額は、基本契約書のように定額のものもあれば、契約書に記載の契約金額に応じて、決まるものもあります。 基本的には、印紙税はその書面に記載されている事項のみで判断しますが、記載金額については、他の文書を引用しているな...
続きを見る
タイトルとURLをコピーしました