BLOG

英語の勉強が楽しくてしょうがないです

お仕事のはなし

数年間続けると苦痛が和らぐ

独立開業後は、自身の事務所の運営に注力すること以外に、自分自身の価値を上げるために、英語の勉強に取り組んでいます。

英語の勉強を本格的に始めたのは数年前になるのですが、最初の頃は、わからないことだらけでしたので、まぁ、苦痛で仕方がありませんでした。

日常会話の簡単なやり取りすらできないですし、すぐに単語は忘れるし、同じようなミスばかりしていて、自己嫌悪に陥るんですよね。

ただ、辛抱強く数年間続けてみると、だんだんと辞書を開く頻度が減ってきて、ミスを正される頻度もがくんと減り、新聞記事などの難解な記事でなければ、ほぼ辞書を使わずに記事の内容を理解できるようになりました。

英語で書かれた資料を読むことも、あまり苦にならなくなりましたし、情報のリソースもぐんと増えたので、頑張って良かったなと思っています。

一つの言葉でまったく違う意味になりえます

昨年末の英会話のレッスンで、

「大掃除やった?」

みたいな会話になり、

「デジタルのデータも含めて、いっぱい捨ててすっきりしたぜ!!」

と言う時に、「dump」(「投げ捨てる」と言う意味。片づけたよりも雑なイメージです。片づけるは「organize」「tidy up」などを使っています。)という動詞を使ったのですが、その後、「dump」だけを連呼していたら、インストラクターの方に、

「それってまったく別の意味になるから気を付けた方がいいよ。」

と教えてもらえました。

辞書で調べてみたところ、

動詞として「大便をする」(米俗)

名刺として「大便」(米俗)

という意味があるようです。

おそろしいですよね。使い方で意味がまったく変わってしまいます。

日本語も同じで、「やる」と言う言葉は、

物をあげるという意味でも使えますし、

人を殺める(あやめる)という意味でも使えますし、

物事を実行するという意味でも使えます。

広大すぎて、対処のしようがない

英語という言語には、たくさんの単語がありますが、単語の意味を知っているだけでは足りず、その用法なども知っておく必要があります。

たとえば、

「fetch」(取ってくる)

について、フィリピンの先生は

「子供を連れてくるときにも使える。」

とおっしゃっていたのですが、米国の先生は、

「動物に対してしか使わないよ。」

とおっしゃっていました。

また、

「shall」(~しましょうか?)

については、米国の先生間でも意見が違い、

若い先生は、

「今時、そんな表現使う人いないよ。ププッ。」

というリアクションでしたが、

私よりも少し上の世代の方の場合は、

「とても丁寧な表現なので、使った方が良い。」

とおっしゃっていました。

「税務職員」の説明も結構意見が割れます。

国税職員として働いていた頃は、

「a tax officer」

と表現すると良いと習ったのですが、これをオーストラリアの先生に使ったところ、

「a tax official」

の方が適切じゃないかなと言われました。

「officer」って、警察をイメージするらしいです。
(「official」が日本語でいうところの「役人」みたいなイメージなのかなと会話のやりとりの勘所として理解しています。正しいのかは調べていません。)

英語って単語の数だけでもかなりあるのですが、上記のように、その用法まで意識すると、英語学習って広大すぎて、対処のしようがありません。

この対処のしようがない感じが、だんだん楽しくなってきました。

未知のものに挑んでいる感覚ですね。

会計は資産負債アプローチか損益アプローチでだいたい説明可能

ちなみに、すごく雑な説明ですが、会計は資産負債アプローチか損益アプローチでだいたい説明が可能です。

会計って、もともと何のために発明されたかというと、儲かったのか否かを計るためです。

その計る方法として、ある一定時点の財産リストを作って、その差分で儲かったのか否かを計ろうとするのが、資産負債アプローチです。

期首と期末の完璧な貸借対照表(BS)を作って、それを比べるということです。

ただ、このやり方だと、仮に現金預金が増えていたとしても、なぜ増えたのかがわかりません。

単に保険で焼け太りしただけかもしれません。

なので、どうやって儲かったのかも明確にしつつ、儲けを計りましょうというのが、損益アプローチです。

完璧な損益計算書(PL)を作って、それで儲けを計るということです。

どっちも一長一短で、かつ、完璧なBSやPLを作ることなどできっこないので、両方のアプローチのハイブリット版が現在の会計基準たちです。

この考え方を知っていると、会計士試験の会計に関する論文は、結構書けてしまいます。

「減価償却について論ぜよ。」

とか来たら、

「良し来た!!」

って感じになります。
(資産負債アプローチであれば、減価償却いらないですよね。減価償却資産の時価を算定すればよいので。)

なので、さきの英語のような、

「広大すぎて対処できない」

みたいな感覚が、会計にはないんですよね。

学者さん達からすると、

「会計は奥が深いんだぞ。」

と言われてしまうかもしれませんが、そこまでの高いレベルからの観点からではなく、

「会計士試験に合格できたよ。」

くらいの観点でです。

なんか、るんるんで書いていたのですが、取り留めのない内容となってしまいました。

自分がハマっていることを、こんな風におもしろいんですよ、と伝えるのってこんなに楽しんですね。

実務に全く役に立たないことばかり書いてごめんなさい。

日々精進。

タイトルとURLをコピーしました